不用品の種類と正しい回収の方法

不用品を処分する方法

行政や不用品回収業者を利用する

申し込みをしなければ、行政は回収しに来てくれないので忘れないでください。 必ず事前に連絡をしましょう。 回収場所を確認したり、日にちを確認してください。 また、事前に手数料を支払うシステムになっています。 手数料を支払ったという証拠の、シールを不用品に貼ります。

回収してくれる日を調べよう

使わなくなった家具や家電、また趣味で使う道具があったら処分しましょう。
行政に依頼する際は、不用品を回収する場所に持って行ってください。
いつでも持って行って良いわけではありません。
きちんと出す日が決められています。
2週間に1度など、あまり多い頻度ではありません。
不用品を出したいと思ったら、次に回収してくれるのがいつなのか調べてください。
今すぐ、不用品を出したい場合は不用品回収業者に任せるのが良い方法です。

不用品回収業者は、連絡すればすぐ自宅に来てくれます。
特にスピーディーな対応をしいてくれる業者の場合は、午前中に連絡すれば午後に来てくれることがあります。
また24時間経営している不用品回収業者が多いのもありがたいですね。
深夜に不用品を回収してもらいたいと思っても大丈夫です。
深夜に連絡すれば、朝方に取りに来てくれると思います。
また時間指定もできます。
朝方に都合が悪かったら、都合の良い時間を指定してください。

行政は、回収できる不用品が限られています。
家電リサイクル法に該当する家電は、回収してもらえないかもしれません。
不用品回収業者は、家電リサイクル法に当てはまる家電でも問題なく回収してくれます。
何が家電リサイクル法に該当するのか、事前に調べてください。
すると行政に任せれば良いのか、それとも不用品回収業者でなければいけないのか分かります。
面倒な場合は、不用品回収業者に連絡していらないものを全て持って行ってもらいましょう。

すぐに来てくれるメリット

行政は、回収する日が決まっています。 昨日が回収する日だったら、2週間ほど待たなければいけません。 粗大ゴミがずっと家にあると、気になる人がいるでしょう。 早く回収してもらって、室内をスッキリさせたいですよね。 不用品回収業者に依頼すれば、すぐ引き取りに来てくれます。

不用品として回収できるもの

何を回収してもらえるのか、調べてください。 家具や家電を出す人が多いと思いますが、家電は注意が必要です。 パソコンは、簡単に回収することができません。 処理の仕方が細かく決まっているので、行政では受け付けていないことがあります。 不用品回収業者に依頼した方が良いかもしれません。

TOPへ戻る