不用品の種類と正しい回収の方法

不用品を処分する方法

>

行政や不用品回収業者を利用する

次回の回収日を調べる

行政に不用品の回収を任せる場合は、次回の回収日を調べてください。
毎日不用品の回収をしたり、連絡すればすぐ取りに来たりしてくれるわけではないと覚えておきましょう。
行政が回収する日時は決まっています。
申し込んだら、決められた場所に、決められた時間まで不用品を持って行ってください。
回収場所を間違えると、誰も持って行かないのでずっと不用品が放置されます。

正しい回収場所を把握しましょう。
またたくさんの不用品を行政に回収してもらう場合は、何度か往復しなければいけないかもしれません。
1人で持って行くのが大変だったら、家族や友人に頼んで手伝ってもらいましょう。
数人がいれば、たくさんの不用品があっても1回で出せると思います。

事前に手数料を支払おう

行政に不用品の回収を依頼する際は、先に手数料を支払います。
地域によって支払い方法が変わりますが、シールをコンビニエンスストアなどで購入します。
支払ったら、回収してもらう不用品に貼ってください。
どこに貼っても良いですが、シールを確認してもらえないと、手数料を支払っていないとスタッフに判断されてしまいます。

すると持って行ってもらえないので、目立つところにシールを張ってください。
シールの価格が、手数料になります。
小さい不用品は、200円程度でシールを購入できます。
ですが大きな家具や家電を出す場合は、500円から700円ぐらいになってしまうと言われています。
行政に任せる場合は、手数料を前払いすると忘れないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る