不用品の種類と正しい回収の方法

不用品を処分する方法

>

不用品として回収できるもの

家電リサイクル法とは

法律には、家電リサイクル法というものがあります。
それに該当する家電は、簡単に処分できません。
正しい方法で処分しないといけないので、行政でも回収できない場合があります。
家電リサイクル法に当てはまるのは、テレビやエアコン、冷蔵庫などです。
よく処分する機会が訪れるでしょうから、行政に任せる場合は引き取ってくれるのか先に調べましょう。

行政で回収できない場合は、不用品回収業者に相談しましょう。
オールジャンルのものを回収してくれる、不用品回収業者が存在しています。
複数の家具や家電を出す場合は、何でも引き取ってくれる不用品回収業者に任せるのがおすすめです。
すると連絡するのが1回で済むので、余計な手間を省けます。

分からない場合は聞こう

何を回収してくれるのか、分からない人が見られます。
遠慮しないで、行政や不用品回収業者に聞いてください。
すると何を受け付けているのか、具体的に説明してくれます。
すでに回収してもらいたいものが決まっている場合は、大丈夫なのか聞いても良いですね。
家具や家電の大きさによって、回収できない場合があります。

どのくらいの大きさのものを引き取ってもらいたいのか、必ず聞いてください。
また家具や家電以外にも、趣味の道具を引き取ってもらうこともできます。
釣りやゴルフなど、人には様々な趣味があります。
しかし飽きて、もうやらなくなった趣味があるでしょう。
この機会に道具を全て処分して、室内をスッキリさせるのがおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る